私の場合、毎日何事もなく、平穏な日々を過ごしている時は、占いを見てもすぐに忘れてしまいます。

しかし、時には大きな悩み事が発生することがあり、解決方法が見つからない時、占いの書かれている言葉を参考にすることもあります。

占いの書かれていることがきっかけとなり、悩み事を解決していったこともあります。

私はほぼ毎日、新聞に掲載されている占いを読んでいます。

あまり関係のないようなことが書かれていることもありますが、時々、考えさせられるような内容のことが書かれている場合もあります。

もう一つ、私がかなり参考にしている占いがあります。

それはネット上の無料占いサイトです。

以前は毎日のように見ていましたが、最近は何かあった時だけ見て参考にしています。

調子が良い時に見ると、あまり良くないことが書かれていて、逆に調子が悪い時は慰めてくれるような言葉が書かれています。

おそらく、調子が良い時ほど油断をするな、という警告なのかもしれません。

占いの言葉によって救われたこともたくさんあります。

若い頃は大きな失恋をするたびに、占い師のところへ行って相談していました。

結局、その時に言われたアドバイスのような人生は辿りませんでしたが、少なくともその時は心が救われたような気がしました。

本当は自分で答えがわかっていることも、自分で気がつかないこともあります。

最近私が考える占いのあり方は、自分が気がつかないことをさりげなく教えてくれる存在が占いなのではないかと思っています。