本屋さんの「趣味」のコーナーだったか、待ち合わせで時間つぶしをしていて「モンスター占い」の本を見つけました。

その当時流行していた「動物占い」のシリーズのひとつだろうと思って軽い気持ちで診断してみたのです。

誕生日にいろんな数を足して、という形で出た数字によって「自分のモンスターのタイプ」が割り出される。

そのモンスターの特徴で自分の性格などを診断する、といったものだったと思います。

私の結果は「狼男」でした。

説明には「月の形でオオカミに変身したり・人間に戻ったりする狼男と同じく、月によってダイエットに対する姿勢が変わったりする」

「ちょっと太ったり・痩せたりと変化があることが多い」というようなものでした。

私はまさしくそれで、すごく頑張ってダイエットしているときもあるかと思えば、少し気が緩んで体重もちょっと増えちゃったということがよくあります。

友達は「吸血鬼」という結果で、「ストイックにダイエットに取り組む」「たまに行き過ぎることもある」といったような説明でした。

彼女も「当たってるわ、これ」という感想でした。

まさしくダイエットに夢中になりすぎて、一時は生理が止まるかという寸前までいってしまった彼女も思い当たるところがある、というところなのです。

誕生日を基に数字を足したりして割り出す形ですから、どれも「私だけの結果」ではありません。

でも軽い気持ちでやってみたら意外に自分の性格の一部を言い当てられてびっくりしたのです。

もともと占いは好きだけれど、いいことだけ信じて悪いことは「用心しよう」程度にするタイプです。

ただ、このモンスター占いの経験から、「占いっていろんな統計をとった結果なのかなあ」と印象に残っていることなのです。