子供の頃、占いやおまじないがとても好きでした。お年玉やお小遣いをコツコツと貯めておいて、毎月占い専門雑誌を買いに行くのが楽しみでした。

占い専門雑誌なので、占いに必要なアイテムや占いの仕方、占い学校の紹介などさまざまな記事が載っていてとても興味深く見ることが出来ました。また、愛読者からのイラストコーナーというものがあって、そのイラストがとても神秘的で、幻想的でこんなイラストが描けるなんてすごい、と毎回楽しみにしていました。

自分の誕生月や星座の運勢をいつも最初に読んでいましたが、時にはあまり良い運勢で無い時期も当然ありました。そんな時にはちょっとだけ不安になったりもしたのですが、同じ雑誌には運気をアップさせる方法も載っていて、それを実行することで気持ちの整理が付いたのを覚えています。

いつの頃からか自分でも占いをやってみたいと思うようになりました。簡単な占いであればトランプ占いを家でやって、家族や友達の事を占ったりもしました。当時は家にあったトランプを使っていたのですが、数年前に初めて自分用にタロットカードを買いました。

初めて現物を手にした時は、カードのイラストを見ただけで心の中を見透かされているような感覚を覚えました。同じカードでも出てきた位置や占っている時の感情で不思議と結果が左右される事に驚きを感じます。

タロットカードは占い師さんによって、カードの汲み取り方もさまざまで占いの結果まで変わってくると言います。自分で納得出来るリーディングが出来るようになるまでしっかり勉強したいと思います。